レブル250にOVER RACINGのマフラー付けたら音が良すぎたぜ‼プロトツーリング部#221

みなさん、こんにちはプロトツーリング部の「よしだ」です。 今回は東京モーターサイクルショー2023でもご紹介した「プロトカスタムダイバー レブル250」でマフラーカスタムをやっていきたいと思います。 すでにゲルザブⅭ やバグスタータンクカバー等でカスタムはされていますので、そろそろマフラーを変えたいんじゃないかな~ と勝手に思いまして、今回は「OVER RACING 」さんに相談しました。 よしだくんのカスタムと言えば、まずマフラーからだね! レブル250のマフラーたくさんあり悩むところですが、「メガホンマフラー」がカッコいいな、、という思いだけで選びました。 純正のマフラーも黒なので、「チョットカッコいいんじゃないカスタム」ということで黒を選びました。  

開封動画編

まずは中身の確認です。「取扱説明書」「保証書」大切ですね。 まず、作業する前に必ずやってほしいのが「取扱説明書を読む!」

そしてこの動画を見て自分でできるか判断して、無理だと思ったかたは迷わずバイク屋さんに相談してください。

  単気筒なので部品点数は少ないです。フルエキタイプなのでエキゾーストパイプとサイレンサーがあります。 付属品はエンジンと接合部になるフランジとスプリングx2、ボルト/ナットになります。  

取り付け動画編

まずは純正サイレンサーを外すため上側のボルトを緩めます。 純正サイレンサーを固定している前側部分のボルトも緩めます。 後ろへ引き抜きます。 続いてエキゾーストパイプ(前側)を取り外します。 ←部分のフランジナットを緩めます。 ナットは緩めてエキゾーストパイプが落ちないようにしましょう。 エキゾーストパイプを抑えながら、ナットを外します。 エキゾーストパイプが外れたらO2センサーを取り外します。 まずはフランジを取付けます。〇印の穴が上にくるように取付けます。 *この際エキゾーストガスケットは新品に交換することを推奨します。 純正ナットは仮止めとします。 エキゾーストパイプを取付けます。 先ほど取り付けたフランジ部に差し込みます。 次に下側を付属のボルト&ナットで仮止めします。   サイレンサーを取付けます。固定用の穴位置が合うまで差し込みます。 固定用の穴位置が合ったら先ほど外した純正ボルト&ナットで固定します。(仮止め) O2センサーを取り付けます。 *ねじ込む量を想定して配線を逆にねじっておくとキレイに取付けできます。 各部の干渉がないか確認後、本締めしていきます。 サイレンサー固定部 エキゾーストパイプ下側の固定部 エキゾーストパイプ フランジ部分のナットを左右均等に締め込みます。 エキゾーストパイプとフランジ部分を付属のスプリングで取付けます。 *スプリングフックを使うと便利です。 エキゾーストパイプ下側とサイレンサー部分を付属のスプリングで固定します。 最後にパーツクリーナーで脱脂します。 *指紋等汚れが残っていると、変な焼け後が出る可能性があるのでキレイに拭き取ります。 完成しました~ スポーティなブラックのメガホンマフラーで全体が締まる印象です♬

マフラーの音聞いてみましょう

これはいい音しますね~ 「乗りたい~」我慢できずに跨るよしだ

実際の音はこちら

交換することで純正に比べ-2.9㎏ 47%の軽量化になります。 このマフラーを付けたい為に、逆にレブル250を買うなんてこともあるかも、、、ぐらい音もいいしカッコいいマフラーです。 レブル250 よしだカスタムは続く。。。  

まとめ

シンプルな設計ゆえパーツの選定には悩むレブル250ですが、高い品質レベルのマフラーを取り付けることで、間違いのない性能と心地よい音質でよりライディングが楽しくなるでしょう。この他プロトでは厳選した国内外の品質の高いブランドを豊富に取り揃えております。ご不明な点はプロトオンラインストアまでお気軽にご相談ください。

OVER SSメガホン コンプリートマフラー BLK Rebel250(17-23)/S Edition(20-23)(プロトオンラインストア)

【型式:2BK-MC49(17-)/8BK-MC49(23)適合】